学問と文化、そして自然が融合する「漢学の里 諸橋轍次記念館」。

八木ヶ鼻の岩壁の色からイメージした重厚なレンガ造りの建物に、諸橋轍次博士の遺品・遺墨、その人徳を偲ぶ人たちから寄せられた作品や貴重な資料が展示・収蔵されています。
常設展示室には博士の生涯や業績を展示・紹介するコーナーとともに、「漢字てのひらクイズ」や「漢字サークルビジョン」など子どもと大人が一緒に楽しめる施設になっています。

ご来館の皆さまへ
ご来館される皆さまにはマスクの着用、手指消毒等一般的な感染症対策をお願いいたします。発熱、風邪等の症状のある場合は利用を禁止しています。
また、諸橋轍次記念館を含む三条市内の公共施設では、感染が拡大している都道府県に居住する方の利用の制限等をしています。詳細は「新型コロナウイルス対策と利用制限」をごらんください。