コレクション展示「諸橋轍次 若者へのメッセージ」

諸橋轍次は、毎年夏になると、帰省していました。気さくなお人柄は、村人たちから慈父のように慕われていました。
故郷をこよなく愛していた諸橋轍次は、ふるさとの発展と子弟育成のために、寄付や多くの蔵書を寄贈されました。
今回の展示では、故郷の若者たちに期待をしていた諸橋轍次の思いを紹介します。

会期:令和2年3月31日(火)~9月16日(水)
会場:常設展示室 企画展示コーナー